necotech blog

CentOS8にmod_mrubyとmruby-capabilityをインストール

mod_mrubyのインストールの際に、mruby-capabilityを追加するために必要なライブラリの情報が出てこなくて結構大変だった。特にglibc-staticというものに辿り着いてインストールするまでに手こずった。Linuxの文化に慣れるのは大変だー。

インストール

基本は公式のインストールマニュアルを参考に。以下はOSをインストールしてすぐの状態を想定しているので、インストールするものは多い。

必要なアプリケーションとライブラリをインストール
$ dnf update -y
$ dnf install -y git gcc make httpd httpd-devel ruby openssl-devel bison libcap libcap-devel rpm-build
$ dnf --enablerepo=PowerTools install -y glibc-static libxcrypt-static
$ gem install rake
mod_rubyのソースを取得
$ git clone git://github.com/matsumoto-r/mod_mruby.git
$ cd mod_mruby
Capabilityをgemに追加 (コメントアウトを無効化)
$ sed -i -r "s/# (conf.gem :github => 'matsumoto-r\/mruby-capability')/\1/" build_config.rb
ついでにmruby-file-statも追加
$ sed -i -r "s/# (conf.gem :github => 'ksss\/mruby-file-stat')/\1/" build_config.rb
ビルド
$ APXS_PATH_ENV='--with-apxs=/usr/bin/apxs' APACHECTL_PATH_ENV='--with-apachectl=/usr/sbin/apachectl' sh build.sh
モジュールをApacheの管轄にコピー
$ cp src/.libs/mod_mruby.so /etc/httpd/modules/
Apacheからモジュールを読み込む (/etc/httpd/*/*.confに記述)
LoadModule mruby_module modules/mod_mruby.so

これで動作するようになったのだけど、ここからやりたいことを実現するまでの道のりが険しい・・。

Share on Facebook
Share on LinkedIn
Pocket

About necotech blog

Web系の技術ブログです。主にPHP, JavaScriptなど。たまに猫。

Links

新着記事

おすすめ書籍