necotech blog

WordPress4.4以降はカテゴリとかタグにもメタデータが持たせられるようになった

[参考]
4.4 Taxonomy Roundup – Make WordPress Core
Introducing Term Meta Data In WordPress And How To Use Them


タイトル通りです。2015年末のアップデート(WordPress4.4〜)から、ターム(カテゴリとかタグとか)に、カスタムフィールドのノリでメタ情報を持たせられるようになったようです。カスタムフィールド系のプラグインとかだと既に実現してたり、仕組みとしても極々単純なものなので、正直「やっとか…」というのが第一印象ですが、これで以下のようなケースが楽になるでしょう。(ACFとか使えばもっと簡単だけど。)

  • カテゴリごとにテーマ画像を持たせる
  • タグごとに色を持たせる(ブロックの背景色とか)
  • カテゴリに関連タグを持たせる、などなど

具体的になにが追加された?

詳しくは参考記事を見てもらえれば早いんだけど、下記が追加されているようです。

  • テーブル
    wp_termmeta
  • 関数
    add_term_meta
    update_term_meta
    delete_term_meta
    get_term_meta

カスタムフィールド(postmeta系)と構造は同じぽいですね。

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
Pocket